kanegonta’s blog

著作権や特許とかを趣味程度に勉強している企業ホーマーのまとまりのない日記。あくまで個人的な見解であり、正確性等の保証はできませんので予めご了承くださいませ。

H30年改正著作権法はAIの発展を後押しするのかちょっとだけ検討してみた。

という少々煽った?題名をつけてみましたが、 先日ビジネスロージャーナルの池村先生の記事*1を読んだ後に早稲田大学で上野先生のH30年著作権法改正に関する講演を聴いてきたのですが、AIを含む情報解析を生業とする企業にとっては影響が大きい部分がありそ…

リンクと著作権(1)~リンクを分類する~

Twitterのリツイート行為に著作者人格権侵害に該当する知財高裁の判決が話題になっています。 「RTで画像自動トリミング、著作者人格権侵害に当たる」 知財高裁判決、Twitterユーザーに衝撃 - ITmedia NEWS リツイートは著作者人格権(同一性保持権)侵害だ…

自炊を始めてみた。

料理でありません。念のため。 書籍の自炊を始めてみたのでメモ。 1 自炊までの流れ (1)裁断機器とスキャナを買う (2)閲覧するデバイスを決める (3)電子化する書籍を決める (4)ファイル格納先を決める (5)書籍を裁断する (6)スキャンする…

エルレ復活

【エルレ復活】 契約書タイムバトルと同じ日にビックニュースが飛び込んできました。 www.huffingtonpost.jp 初めてエルレを聞いたのは高校2年生のときに友達から借りたアルバム「Riot On The Grill」で アルバムの中の「RED HOT」と「虹」を初めて聞いたと…

契約書タイムバトルを観戦してきた。

法の専門家が決められた時間内にオンライン上の一つの契約書を編集しあうリーガルバトルゲーム「契約書タイムバトル」に観客として参加してきました。 概要はコチラ Twitterのトレンド入りするくらい盛り上がりました。 現在ツイッタートレンドのELLEGARDEN…

【書評】詳解著作権法 第5版

詳解 著作権法(第5版) 作者: 作花文雄 出版社/メーカー: ぎょうせい 発売日: 2018/03/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 待ちに待った作花文雄先生の著作権法の基本書です。 「詳解」と書かれている通り900ページ以上あるのでなかなかの分…

【メモ】今月のビジネスロージャーナル

[6-1] ポプテピピック シーズン3【6】 / 大川ぶくぶ / まんがライフWIN https://t.co/9mR6B36b5K pic.twitter.com/9vc0vTO0Ea — 大川ぶくぶ/bkub (@bkub_comic) 2018年3月10日 どうでもいいのですが、このツイートとても好きです。 というわけで最近ブログ更…

著作権法の改正案を流し読みしてみた

どうも、3月の繁忙期を乗り越えられることができるのか不安でいっぱいなkanekoです。 さて、著作権法の改正案が閣議決定したとのニュースに接しましたので、ざっと目を通しました。 mainichi.jp 法律案はコチラ ※以下、kanekoの頭の整理のためにまとめたも…

【書評】はじめての著作権法~著作権超入門書~

はじめての著作権法 (日経文庫) 作者: 池村聡 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2018/01/16 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 著者は森・濱田松本法律事務所の池村先生。 本書は月刊コピライトに連載されていた、「ざっくりさくっと著…

【書評】広告法~広告業界法務のスタンダード本?~

広告法 作者: 株式会社電通法務マネジメント局,永江禎,中西開,長谷川雅典 出版社/メーカー: 商事法務 発売日: 2017/10/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る Business Law Journalのブックガイド2018でも言及されていた書籍ですね。 著者は電通法…

2018年の抱負と具体的施策とか

Sunrise in Inubosaki,©Takashi Hososhima,CC BY-SA 2.0 どうも。中大がシード落ちのようで少しだけ悲しいkanekoです。 さて本年の(プライベートの?)目標を決めました。 ブログ更新:月2回以上 読書:月3冊以上 英語:一日1時間程度 プログラム:一日…

2017年総括

どうも。ゆとり教育の最前線(円周率は3で習った)で育った平成生まれのkanekoです。 毎年恒例のコミケ冬の陣を終え、戦利品(大嘘判例八百選の新刊を含むがこれに限らない)を携えて家路へ向かう電車のなかで書き上げております。 今年も残すところあと少し…

俺的オススメ著作権本紹介

これは法務系 Advent Calendar 2017のエントリーです。 どうも。最近同僚に「米津玄師の髪を薄くしたような髪型してるね」と言われたkanekoです。それは褒められているのでしょうか・・・ みねメタルさんからバトンを受け取りました。 dtkさんのエントリーに…

リーチサイト運営者逮捕の件

リーチサイト(侵害コンテンツへのリンクを集めたサイト)運営者が逮捕とのニュースが www.asahi.com ついにきたかというところで、 多くの法律関係者(特に知財クラスタ周り)がこのニュースに 反応していますね。 時間の問題とは思っていたものの、リーチ…

【書評】ファッションロー~ありそうでなかったファッション専門法律書~

ファッション・ロー 作者: 角田政芳,関真也 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2017/09/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本の帯に「わが国初の体系的な解説書」と書かれているとおり、ファッションの法的問題に特化した書籍です。 さすがフ…

【書評】法律家・法務担当者のためのIT技術用語時点~法務のためのIT用語辞典~

法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典 作者: 影島広泰 出版社/メーカー: 商事法務 発売日: 2017/08/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 著者は個人情報保護法の改正のタイミングで怒涛のセミナー講演をこなしつつ、多数の著作を書かれてい…

【読書】データ分析の力 因果関係に迫る思考法

久しぶりの更新。 データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書) 作者: 伊藤公一朗 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/04/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る データ分析において重要となる因果関係の考え方について、わかりやす…

例の第三者委員会調査報告書から学べること

このTweetにそこそこ反響があったので、 例のDeNAの第三者委員会の報告書読んでるけど、法務知財担当者は絶対読んでおくべきだと思う。他人事じゃない明日は我が身。法的リスク以外の観点も含めてこの報告書から学べることはたくさんある。 — kaneko (@ka…

コスプレと著作権~マリカー事件を踏まえつつ論点まとめ~

例のマリカー事件を踏まえて、改めてコスプレと著作権で論点をまとめてみました。 ※過去の自分のブログやマリカー事件のtogetterを踏まえています。 【参考リンク】 kanegoonta.hatenablog.com togetter.com 0.前提 ここでのコスプレ衣装は「アニメ等のキ…

「音楽教室での著作権料徴収の件」で感じるズレ

例の音楽教室から著作権料を徴収する件が話題になっていたわけですが、雑感を少しだけ。 法律論については多くの方が解説*1されているので、ここでは詳しくは書きません。 ネット上では「JASRACやりすぎやろ(意訳)」と叩かれているわけですが、この件…

#legalAC 法務が働きながら知財系大学院に行ってみた

法務系 Advent Calendar 2016のエントリーです。 Utastmさんからバトン受け取りました。 kataxさんの「無資格法務のキャリアパスについて」というエントリーがとても考えさせられるものがあったので、これに便乗して(?)まさに無資格法務として知財法務コ…

違法コンテンツへリンクを貼るのは著作権侵害なんだっけ問題

久しぶりにブログを書きます。 「君の名は。」面白いですよね。 ところで最近こんな出来事が togetter.com nlab.itmedia.co.jp どうやら「君の名は。」の違法動画がでまわっているので、それを指摘するための公式アカウントが開設され手作業?でひたすら違法…

【感想】NEW GAME! 3巻

NEW GAME! 3巻 (まんがタイムKRコミックス) 作者: 得能正太郎 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2016/01/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る 最近の4コマ日常系マンガではイチオシですね。 はやくアニメみたい。 この3巻を…

【感想】BUISINESS LAW JOURNAL(2016年2月号)

いまさらながらビジロー2月号読みました。 BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2016年 2月号 [雑誌] 出版社/メーカー: レクシスネクシス・ジャパン 発売日: 2015/12/21 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 主に見たのは以下で…

コスプレの著作権法上の問題点~詳細版~

ブログ引越ししました。 最近コスプレと著作権で何かと話題になることが多い気がしたので、「コスプレの著作権法上の問題点」ということで法的問題点をまとめてみました。 (2017/5/4追記)マリカー事件に関する考察はこちら kanegoonta.hatenablog.com ※こ…